波板コラム

ベランダ屋根の張り替え価格の相場はいくら?費用を抑えるコツもチェック!

波板(ポリカ)7

ベランダの屋根の破損を見つけたとき、真っ先に思い浮かぶのは修理費用のことです。

「いくらかかるんだろう?」「どうしたら安く済むのだろう?」
そんな不安や悩みを抱えるあなたへ、ベランダの波板屋根の張り替えにかかる費用相場と、価格を抑えるコツを紹介します。

業者選びを間違えてしまうと、相場に合わない高額な費用を請求される可能性があります。
こちらの記事を読めば、納得のいく価格でベランダ屋根の張り替えができるでしょう。

 

ベランダ屋根の張り替え価格の相場

費用7

ベランダ屋根を波板で張り替える際の価格の相場は、材料費と施工費用を合わせ10万円ほどです。
張り替えるベランダ屋根の広さや、波板の種類によって材料費は変動します。

2階のベランダの屋根を張り替える場合は、工事用の足場の設置が必要です。
そのため、相場価格とは別に、足場の設置費用がプラス10万円ほどかかります。

 

ベランダ屋根の張り替え価格を抑えるコツ

ベランダ屋根を張り替える際、価格を抑えるコツは以下の5つです。

・DIYで張り替える
・相見積もりする
・施工を自社で行う業者に依頼する
・別の工事と合わせて依頼する
・火災保険が適用できるか調べる

価格を抑えるコツについて、それぞれ詳しく紹介します。

 

DIYで張り替える

費用

ベランダ屋根をDIYで張り替えることで、施工費がかからないため価格を安く抑えられます。
業者に依頼すると、施工費がかかりますが、DIYすれば材料費のみで済むため安く修理できるのです。なお、DIYであっても足場が必要な場合は足場の組み立て業者が必要です。

DIYで張り替える場合、波板と留め具、工具などが必要となります。
必要な材料と道具を購入したとしても、業者へ依頼するよりも価格は安く抑えられるでしょう。

ただし、ベランダ屋根の張り替えは高所の足場の悪い場所で作業するため、転落のリスクが生じます。
また、施工不良で雨漏りが発生したり、業者へ依頼するよりも長持ちしなかったりする可能性があるのです。

安心、安全にベランダ屋根の張り替えを済ませたいのであれば、最初から業者へ依頼するようにしましょう。

そして、ベランダ屋根に使用する波板は、耐用年数の長い「ポリカーボネート製」や「ガルバリウム鋼板製」がおすすめです。
波板の価格の目安は、以下のとおりです。

・ポリカーボネート製 6尺で1,500円~
・ガルバリウム鋼板製 6尺で2,000円~

あくまで目安のため、使用する商品によって価格は変わります。

 

相見積もりする

費用8

高額な工事価格で依頼することを避けるため、複数社へ見積もりを出してもらう「相見積もり」をしましょう。

相見積もりをすれば、複数の業者の工事費用を比べたうえで、依頼先を決められます。
そのため、安く工事してくれる業者を選べるのです。
また、価格が適正ではない見積もりにも気づきやすくなり、業者選びの失敗を防ぎやすくなります。

相見積もりしてみて、かなり安く見積もっている業者がいた場合は注意が必要です。
価格があまりにも安いと、追加で高額な費用を請求してくる悪質な業者の可能性あるからです。
相見積もりで3〜5社を比較して、信頼できると感じた業者へ依頼しましょう。
ただし、信頼できる企業が早い段階で見つかった場合はすぐに依頼しても構いません。
相見積もりをすると悪徳業者が紛れ込む恐れがあるため労力の無駄となるでしょう。

 

施工を自社で行う業者に依頼する

テレビ朝日生出演

業者は、「施工を自社で行う」か、「下請けに流す」かの2種類に分かれます。
業者へ依頼するのであれば、施工を自社で行う会社に修理をお願いしましょう。
下請けに仕事を流す業者は、中間マージンがかかるため費用が割高になるからです。

下請けに依頼する業者は、主に大手や総合リフォーム会社です。
施工を自社で行う業者へ依頼したい場合、地域の板金業者へ相談しましょう。
地域の板金業者であれば、自社施工の可能性が高いです。

 

カーポートや駐輪場などの屋根を張り替える際に同時に依頼する

スレート屋根(カバー工法)3

ベランダ屋根の張り替えを、ほかの屋根工事と合わせて依頼すると、費用を抑えられます。
同時に工事を行ってもらうことで、工事が一度で済み、別々で依頼するよりも人件費や足場代を抑えられるのです。

1回にかかる工事の支払い総額は増えてしまいますが、工事回数を減らせるため、別々で依頼するよりも長期的にはお得に張り替えられるでしょう。

 

火災保険が適用できるか調べる

設計図

ベランダ屋根の張り替えは火災保険が適用できる場合があるため、確認してみましょう。
もし火災保険が適用できた場合、自己負担0円でベランダ屋根を張り替えられる可能性もあるのです。

火災保険は、自然災害によりベランダ屋根が破損した場合に適用されます。
たとえば、積雪の重さに耐えられず破損したり、台風で剥がれたり、雹やあられで穴があいた場合です。

ベランダ屋根の状況や破損原因などを確認のうえ、火災保険が適用できるか調べましょう。

 

ベランダ屋根の張り替えは工夫することで価格を抑えられる

波板(ポリカ)5

ベランダ屋根の張り替えは、工夫しだいで高い工事費用を抑えられます。
ご紹介した5つのコツのなかでも、おすすめは「施工を自社で行う業者に依頼する」です。
施工を自社で行う業者に依頼すれば、中間マージンが発生しない分、工事価格を抑えられるのです。

もちろん、災害による破損であれば「火災保険の適用」が価格を抑える方法になります。
ベランダ屋根の現状と予算を明確にしたうえで、専門業者へ修理の相談をしましょう。

「波板屋根って?ポリカーボネートって?」では、波板に適した素材をご紹介しています。耐久性に優れた素材が欲しい場合はぜひご確認ください。

内野 友和

この記事は私が書いています。

1979年生まれ。一級建築板金技能士。
父・内野国春の元で建築板金の修行を始め、2014年より代表となり家業を受け継ぐ。

20年以上、約5000件の現場経験で培った技術と知識で、建物の屋根・雨樋・板金・外壁工事を通じ、地域の皆様のお役に立てるように努力しております。

Contactお問い合わせ

0120-945-251

年中無休 24時間受付中