波板コラム

波板屋根の修理方法とは?直すべき状況やDIYが可能かも説明!

スレート波板14

「波板屋根の修理を検討中のため修理方法が知りたい」
「業者へ依頼するか悩んでいるため費用が知りたい」
そんなあなたへ、波板屋根の修理方法と費用を紹介します。
波板屋根が修理すべき状況なのに先延ばしにしてしまうと、後々かかる費用が高額になる可能性があります。
波板屋根の現状を確認して、業者へ依頼するかDIYで修理するか決断しましょう。
また、波板屋根を直すべき状況はどんなときか、修理はDIYで可能かも解説します。
こちらの記事を参考にすれば、波板屋根をいつ、どのように修理すべきか判断しやすいでしょう。

 

波板屋根の修理や交換が必要な状態とは

波板屋根の破損

現在、波板屋根が以下の2つのような状態であれば、修理や交換を検討しましょう。

・破損している
・耐用年数が近い

波板屋根の修理や交換が必要かどうか判断するには、現在の状態をよく確認する必要があります。
修理や交換が必要となる、それぞれの状態について詳しく紹介します。

 

波板屋根が破損したとき

劣化や積雪、飛来物などで穴があいたり割れたりしたときは、波板屋根の修理や交換を検討しましょう。
波板屋根の破損を放置すると穴が広がったり、さらに割れて破片が飛んでいったりする可能性もあります。
修理や交換を先延ばしにすることで、破損箇所が拡大して補修費用がさらにかかってしまうでしょう。
破損に気づいた時点で、波板屋根の修理または交換することをおすすめします。

 

波板屋根の耐用年数が近いとき

波板屋根の素材の耐用年数が迫っている場合は、修理または交換することをおすすめします。
まずは、いま使用している波板屋根の種類は何か確認してみましょう。
また、使用し始めてから何年くらい経過しているかもチェックしてください。

使用されている波板屋根の種類ごとに、耐用年数は変わってきます。
耐用年数を過ぎれば、経年劣化により耐衝撃性や耐久性が落ちます。
耐久性が落ちれば、破損して住宅内部にも悪影響を与えるでしょう。

一般的に、波板屋根の種類は「ガルバリウム製」と「ポリカーボネート製」です。
ガルバリウム製の耐用年数は、約15〜20年となっています。
そしてポリカーボネート製であれば、耐用年数は約10年です。

現在設置している波板屋根の種類や使用年数を確認して、必要であれば修理や交換を検討しましょう。

 

波板屋根の修理方法

ガルバ波板2

波板屋根の修理の流れは、以下のとおりです。

・波板の留め具を取り外す
・下地を掃除する
・波板を屋根のサイズに合わせてカットする
・波板をセットして留め具を付け直す

波板屋根が破損した場合は、交換での修理をおすすめします。
破損箇所が一部でも、ほかの部位も劣化で弱くなっていると考えられるからです。
劣化箇所がほかにもあれば、破損箇所を修理しただけではすぐに再発して、結局は交換しなければならなくなります。
修理工事を2回行うことになるため、費用がかさんでしまうでしょう。
また、波板屋根の交換修理を依頼することで、下地と溝を掃除できて全体をきれいに保てます。

以下では、波板屋根の修理方法のステップをそれぞれ詳しく解説していきます。

 

波板の留め具を取り外す

波板を固定している、L字型でフックタイプになっているビスや釘などを取り外します。
留め具の取り外しは、手で行うか、インパクトドライバーを使用します。
インパクトドライバーとは、ビスや釘を外すために使う電動ドライバーです。

 

下地を掃除する

波板屋根を外したら、下地と溝の掃除を行います。
特に、溝の部分はゴミが溜まりやすいうえに、波板屋根を外さないと掃除できない部分です。
波板交換のときにしか掃除する機会がないからこそ、しっかりと掃除をします。

 

波板を屋根のサイズに合わせてカットする

下地の掃除を終えたら、交換用の波板を屋根に合わせてカットしていきます。
波板は電動のこぎりや波板切りバサミ、カッターなどで適切なサイズに切ります。
使用する波板の種類によっては、ハサミやカッターではカットできないため注意が必要です。

 

波板の留め具を付け直す

カットを終えたら波板を屋根に取り付けて、留め具も付け直していきます。
波板を留めていた古い留め具は捨てて、新しいビスや釘を使いましょう。
古い留め具は波板屋根と同じように劣化している可能性が高いため、新しいビスや釘を用意する必要があります。
また、波板を張る際はズレたり外れたりしないように、慎重に作業を行いしっかりと留めます。
細部まで確認して問題がなければ、波板屋根の交換修理が完了です。

 

波板屋根の修理はDIYで可能か

スレート波板1

波板屋根の修理は一部のみDIYでも可能です。
たとえば、小さな穴があいてしまったときは、アルミテープを貼ったりコーキングしたりして修理できます。
ただし、テープやコーキングでの修理はあくまで応急処置のため、破損を広げたくないのであれば、業者へ相談しましょう。

もし個人で交換までしたいという場合、かかる費用は材料費や工具費となります。
DIYで修理する際にかかる屋根材の材料費の目安は、以下のとおりです。

・ポリカーボネート製の場合 6尺で約1,500円
・ガルバリウム鋼板製の場合 6尺で約2,000円

なお、6尺のサイズは素材によって異なります。
ポリカーボネート製が1.82メートル×0.65メートルで、ガルバリウム鋼板製は1.82メートル×0.8メートルとなります。

また、屋根材と別に留め具や工具の費用も予算に含めておきましょう。

波板屋根の交換は高所での作業になるため、落下してケガをするリスクがあります。
特に、不安定な足場での作業は、慣れていない人にとってハイリスクです。
専門業者に依頼した方が、安心、安全に波板屋根を交換できるでしょう。

 

波板屋根をきれいに修理したいなら専門業者に依頼しよう

波板屋根修理専門店

波板屋根の修理を検討すべき状態や、修理方法について紹介しました。
一部の修理であれば、DIYでも可能です。
しかし、安全面や仕上がりのきれいさを考慮すると、修理は専門業者へ依頼することをおすすめします。
現在の波板屋根の状態を確認して、修理が必要そうであれば、専門業者へ相談しましょう。

「波板屋根って?ポリカーボネートって?」では、波板に適した素材をご紹介しています。耐久性に優れた素材が欲しい場合はぜひご確認ください。

内野 友和

この記事は私が書いています。

1979年生まれ。一級建築板金技能士。
父・内野国春の元で建築板金の修行を始め、2014年より代表となり家業を受け継ぐ。

20年以上、約5000件の現場経験で培った技術と知識で、建物の屋根・雨樋・板金・外壁工事を通じ、地域の皆様のお役に立てるように努力しております。

Contactお問い合わせ

0120-945-251

年中無休 24時間受付中