波板コラム

ガルバリウム鋼板で作る波板の特徴と価格、使用するときのポイントを解説

ガルバ波板1

「ガルバリウム鋼板による波板の使用を検討している」
「ガルバリウム鋼板でつくられた波板の利点や欠点を知りたい」

そんなあなたへ、ガルバリウム鋼板の特徴や価格、使用時のポイントについてご紹介します。
ガルバリウム鋼板は20年以上の耐用年数を誇る建材です。
長持ちするうえに錆びにくいことから、多くの建物で使用されています。
ただ、デリケートでメンテナンスの手間がかかるという弱点もあります。

特徴を知ったうえで、適切なメンテナンスができればガルバリウム波板の強みを活かせるでしょう。

ガルバリウム波板とは

ガルバ波板2

ガルバリウム波板はガルバリウム鋼板を波の形に加工した建材です。

ガルバリウム鋼板とは、鋼板に溶融した亜鉛とアルミ、シリコンを付着させている板です。
耐用年数は20年を超え、耐食性能に優れることも魅力のひとつです。

ガルバリウム鋼板が開発される前は、鋼板や鉄板に溶融した亜鉛を付着させている板「トタン」が使われていました。

ガルバリウム鋼板はアメリカで開発されてから時間をかけて屋根や外壁の建材として日本でも評価されるようになったのです。
いまでは屋根や外壁の建材として無くてはならないものとなっています。

ガルバリウム鋼板の強み

ガルバ波板4

ガルバリウム鋼板はどのような点で優れているのか。
強みといえるポイントは以下の3つです。

・錆びに強い
・耐久性に優れている
・熱反射率に優れている

それぞれ詳しくご紹介します。

錆びに強い

ガルバリウム鋼板のメッキは、耐食性のあるアルミニウムが55%含まれています。
耐食性があるとは錆びに強いことと同じです。

「錆びない」と誤解されることもありますが、ガルバリウム鋼板も錆びます。
あくまで他の建材より「錆びに強い」だけです。

耐久性に優れている

ガルバリウム鋼板のメッキには、防食作用のある亜鉛が43.4%含まれています。
傷が入って鉄がむき出しになってしまっても亜鉛が鉄より早く溶け出して内部を保護します。

これにより、ガルバリウム鋼板の芯である鉄が腐食せずに済むのです。
芯への腐食を防ぐことで、耐久性が持続して耐用年数が延びていきます。

熱反射率に優れている

ガルバリウム鋼板は熱反射性に優れています。
熱反射により太陽光の影響を直接受ける屋根の温度上昇を防ぐことが可能です。

表面だけでなく屋内の温度の上昇も防げるため、ガルバリウム鋼板は建材として重宝されています。

ガルバリウム鋼板の弱み

ポイント

耐用年数が長く、錆びや温度上昇が防げるガルバリウム鋼板にも弱みがあります。
ガルバリウム鋼板が弱い部分は以下の3つです。

・非常にデリケートで扱いが難しい
・湿気を逃がしてあげる手間が必要となる
・手入れを怠ると耐用年数が短くなる

それぞれ詳しくご紹介します。

非常にデリケートで扱いが難しい

ガルバリウム鋼板は傷がつきやすい建材です。
錆びに強くても、原因となる傷への強さがありません。

他の建材と接触したり、くっつけたりするだけで傷んでしまいます。
デリケートな素材のため、積極的には使わない業者もいるといわれています。

湿気を逃してあげる手間が必要となる

ガルバリウム鋼板は湿気を通しません。
湿気を逃すことを考慮したうえで施工が必要となるため、作業にひと手間かかります。
湿気を逃がす道を作り忘れると、水滴が溜まって雨漏りや他の建材が劣化する原因になるでしょう。

手入れを怠ると耐用年数が短くなる

ガルバリウム鋼板の20年以上という耐用年数は、メンテナンスしてこその長さです。
水洗いや補修、張り替えなどのメンテナンスを怠れば劣化が早くなります。
場合によっては短期間で錆びが出てくるでしょう。
そうならないためにも、お手入れをしっかり行うことをおすすめします。

メンテナンスの例には以下があります。

・年1回はガルバリウム鋼板を水で洗う
・10年に1度は塗装メンテナンスをする
・傷や穴、割れは早めに補修する

ガルバリウム鋼板の現状を確認し、状態に合ったお手入れをしましょう。

ガルバリウム波板を扱いたいのなら複数の業者へ相談しよう

ガルバ波板3

ガルバリウム鋼板の波板を取り扱う業者を見つけるのが難しくなっているといわれています。
なぜなら、ガルバリウム鋼板を扱う「板金業者」の会社数が減っているとされているためです。
どうしてもガルバリウム波板を使いたい方は、まずは弊社にご相談ください。

「波板屋根って?ポリカーボネートって?」では、波板に適した素材をご紹介しています。耐久性に優れた素材が欲しい場合はぜひご確認ください。

内野 友和

この記事は私が書いています。

1979年生まれ。一級建築板金技能士。
父・内野国春の元で建築板金の修行を始め、2014年より代表となり家業を受け継ぐ。

20年以上、約5000件の現場経験で培った技術と知識で、建物の屋根・雨樋・板金・外壁工事を通じ、地域の皆様のお役に立てるように努力しております。

Contactお問い合わせ

0120-945-251

年中無休 24時間受付中