波板コラム

波板の施工にはいくらかかる?費用や業者の選び方など大公開!

波板5

「波板が古くなったので張り替えたい」
「波板を施工する費用を知りたい」

波板の修理や交換、設置工事をしようと考えたとき、上記のように悩む方は多いでしょう。
この記事では波板の種類やそれぞれの相場、業者の選びかたなどを徹底解説します。
読むことで、波板を施工する費用の目安がわかり、最適な業者を選べるようになるでしょう。

波板を施工する前に種類を把握しよう

波板(ポリカ)7

波板には材質別に以下のような種類があります。

・ポリカーボネート製
・塩化ビニル樹脂製
・塩化ビニル樹脂(ガラスネット)製
・カラートタン製
・ガルバリウム製

以下ではそれぞれの特徴を紹介します。
希望の波板を探す際の参考にしてみましょう。

ポリカーボネート製

現在の波板の主流となっている材質です。
ポリカーボネート製の波板は劣化しにくい点と安価なため気軽に購入できることがメリットです。
また、屋外でも10年程度の耐用年数があり、耐久性が高い点が魅力と言えるでしょう。
デメリットは、高温や高湿に弱いことです。
高温多湿の環境では変形や劣化が起こりやすいでしょう。

塩化ビニル樹脂製

塩化ビニル樹脂製の波板は過去には多くの住宅に使われていました。
理由は価格が安く、柔軟性があり材料として使いやすいからです。
現在でもDIYでよく使用します。
一方で、太陽熱や雨風に弱く劣化しやすいデメリットがあります。
また、耐用年数が2〜3年程度と非常に短いです。

塩化ビニル樹脂(ガラスネット製)

材質は塩化ビニル樹脂製と一緒ですが、内部に強化ガラス繊維のネットが入っている波板です。
このため塩化ビニル樹脂製の波板よりも強度が高く、耐用年数は4〜5年程度が一般的です。
現在では耐久性の低さといった理由で主流として使われなくなっているため、波板の利用ではポリカーボネート製をおすすめします。

トタン製

トタン製の波板とは、亜鉛メッキの鉄板に塗装を施した製品です。
鉄板なので強度が高いですが、複雑な形状のために後から塗装をすることが難しいデメリットがあります。耐用年数は5〜7年が一般的です。

ガルバリウム製

ガルバリウム製の波板は強度が高く、寿命が長いことが特徴です。
遮熱性にも長けており、屋内に熱を通しにくいメリットがあります。
ただし材料の価格が高い点と、光が遮断されるので屋根の下で洗濯物を干したいときに乾きにくいデメリットがあります。
耐用年数は15〜20年が一般的です。

波板の施工費を徹底解説!

費用10

以下では、波板の材質の種類ごとに材料費を紹介していきます。
波板の材質ごとの1枚(6尺)あたりの材料費は以下が目安です。

なお「塩化ビニル樹脂製」「塩化ビニル樹脂(ガラスネット)製」「カラートタン製」は現在では入手が困難となっているため価格は記載していません。

・ポリカーボネート製:1,500円程度~
・ガルバリウム製:2,000円程度~
※価格は一例です。利用する商品によって異なります

施工費は修理する波板の位置・量・下地などによって変わります。
波板の施工事例と参考価格を記載した記事もありますので、ご自宅の波板と同じような状況をお探しください。

波板の施工は複数の業者から検討しよう

費用8

波板の修理、張り替えができる業者は複数あります。
大手ハウスメーカーや、地元にある工務店、波板専門の板金業者などです。

大手ハウスメーカーの場合は全国展開しているところが多く、安心感があります。安心して施工をお願いしたい方にはおすすめです。
ただし中間マージンが発生するので、コストが高くなります。

地元にある工務店は、コストを抑えたい方におすすめです。
施工は自社で行う場合と、下請け業者に横流しする場合の2パターンになります。
下請け業者に横流しする場合は中間マージンが発生します。
自社で施工する会社は知名度が低い場合が多いですが、インターネットで探せばすぐに見つかるでしょう。

もっともおすすめなのは地域密着型の板金業者です。
自社で施工をするので中間マージンは省けるほか、波板の専門業者なので品質も高いことが多いです。
ただし、板金業者はホームページがなかったり、お客様との直接取り引きをしない業者さんが多い傾向があります。
インターネットで探す際は「〇〇市(市区町村) 波板施工業者」と検索してみてください。

波板の施工をする業者は地域密着型の板金業者がおすすめ

波板屋根修理専門店

波板の施工のコストを下げたい方は、複数の会社から見積もりを取って安くできる業者を選びましょう。
地域に密着した波板専門の板金業者に依頼すれば、費用を抑えつつ高い工事品質を確保できます。

波板素材としてよく利用される「ポリカーボネート」の詳細を知りたい方は「波板屋根って?ポリカーボネートって?」もご覧ください。

内野 友和

この記事は私が書いています。

1979年生まれ。一級建築板金技能士。
父・内野国春の元で建築板金の修行を始め、2014年より代表となり家業を受け継ぐ。

20年以上、約5000件の現場経験で培った技術と知識で、建物の屋根・雨樋・板金・外壁工事を通じ、地域の皆様のお役に立てるように努力しております。

Contactお問い合わせ

0120-945-251

年中無休 24時間受付中