波板コラム

カーポートの修理は火災保険が使える?適用条件について詳しく解説

カーポートの屋根4

「カーポートの修理を考えており、火災保険で直せるか知りたい」
「火災保険でカーポートを修理するための条件が知りたい」

そんなあなたへ、カーポートの修理で火災保険が適用される条件とはなにか、詳しく紹介します。
カーポートの修理費用は、決して安くありません。
火災保険が適用できるのであれば、カーポートの修理費用に保険金をあてましょう。
火災保険の適用条件を知っておけば、急な支出に困ることなく、カーポートを修理できる場合があります。
あなたの家のカーポートの破損や倒壊の原因を調査したうえで、火災保険が適用できるか確認してみましょう。

 

カーポートの修理に火災保険が適用される主な条件

波板屋根の破損

カーポートの修理で火災保険が適用される条件は、以下の3つです。

・風災や雪災、雹災(ひょうさい)などによる被害
・破損してから3年以内
・損害の修理費用が20万円以上

それぞれの適用条件について、詳しく解説します。

 

風災・雪災・雹災(ひょうさい)などによる被害が原因である

火災保険が適用される条件のひとつは、規定された自然災害による被害が原因で、カーポートが破損や倒壊した場合です。
火災保険が適用される自然災害とは、風災や雪災、雹災、落雷などをいいます。

風災は、風による被害です。
台風や暴風雨、突風、竜巻など強い風による被害をいいます。
風災は、最大瞬間風速が20メートル以上の風により被害が生じると申請が可能です。
「風で屋根が吹き飛んでしまった」「風が原因で物干し竿が衝突して破損した」という場合に申請できます。

雪災は、雪による被害です
豪雪や雪崩で生じた被害をいいます。
積雪の重さに耐えられず、カーポートが破損した場合は適用対象です。

雹災は、雹による被害です。
雹が降ったことでカーポートがへこんだり、破損したりした場合に適用対象となります。

火災保険の申請時には、被害状況の写真が必要です。
また、自然災害と認められず経年劣化や施工不良と判断された場合、補償対象から外れるため注意しましょう。

 

破損してから3年以内である

火災保険を適用したい場合、破損してから3年以内に申請しましょう。
ほとんどの火災保険は補償の対象期間を「破損被害を受けてから3年以内」に定めています。
そのため、破損に気づいたら早めに申請手続きを行いましょう。

すでに修理やリフォーム工事を終えていても、3年以内であれば火災保険の申請が可能です。
過去のことだからと諦めずに、破損してから経過した期間を確認して、申請可能か調べてみましょう。

 

損害の修理費用が20万円以上ある

現在のほとんどの火災保険は、修理費用が20万円以上の場合にかぎり保険金がおります。
ただし、全ての保険会社に共通するわけではないため、加入している保険の契約内容を改めて確認しましょう。

なお、火災保険の保険金が支払われる仕組みは、修理費用が20万以上の場合におりるものと、免責方式の2種類があります。

免責方式は、実際に生じた損害額から免責金額を引いた金額が支払われます。
免責方式の「免責」は自らが支払う金額、つまり自己負担額ということです。

たとえば、免責金額が3万円の契約をしており、修理費用が26万円だったとします。
免責方式の場合、26万円から3万円引いた金額の23万円が保険金としております。

 

カーポートを火災保険で修理する際の流れ

カーポートの屋根2

カーポートを火災保険で修理する際の流れは、次のとおりです。

1.火災保険の適用条件に当てはまるか調査
2.保険会社に連絡
3.審査と工事

それぞれの流れを、注意点も含めて詳しく紹介します。

 

破損が火災保険の適用条件に当てはまるかを調査する

カーポートの破損が、火災保険の適用対象になるか確認しましょう。
適用条件に当てはまるか判断するためには、修理業者に破損箇所の調査を依頼しましょう。
契約している火災保険が適用できるか、業者が保険の契約内容を確認してある程度は判断してくれます。
個人では破損原因や保険の詳細を確認するのは困難です。
専門業者へ依頼して判断を委ねましょう。
また、最終的な結論は保険会社が出すため、業者の判断が必ず正しいわけではない点にご注意ください。

 

保険会社に連絡する

火災保険が適用できると判断されたら、保険会社へ連絡しましょう。
申請をする際には、主に下記の書類が必要となります。

・火災保険請求書
・被害箇所の写真(自分もしくは業者)
・修繕費用見積書(業者が用意)
・調査報告書

必要書類は、不備や不足の無いように用意しておきましょう。
火災保険の申請が受理されると、保険会社が現地調査を行います。
この現地調査を行い、書類との相違がないか確認して、補償される保険金額が決まります。

 

審査と工事

保険会社の審査が通れば、保険金がおります。
火災保険の保険金が無事におりたら、工事が開始できます。
信頼できる修理業者に依頼して、カーポートを直しましょう。

 

被災したカーポートは火災保険で修理可能!まずは業者に調査の依頼をしよう

波板屋根の雪による破損

カーポートが被災して破損した場合、火災保険を利用しましょう。
火災保険の保険金をあてることで、高額な修理費用も抑えられます。
カーポートの修理に火災保険を適用できるかは、業者の判断によってある程度はわかります。
まずは、信頼できる業者に調査の依頼をしましょう。

最近、「保険を使って0円で修理ができます!」と大々的に宣伝をしているサイトを見かけます。
これはお客様に法外な金額の見積もりを保険会社に提出させて、中間マージンを搾取し、工事は下請けに依頼するという仲介営業業者です。
これが流行りの保険申請ビジネスですが、法的にはホワイトになっているので、保険会社も対応をしなければいけません。
ただ、このような会社は保険会社のブラックリストに載り、保険会社の鑑定人から目をつけられているようです。
ブラックリストに載った会社が発行した見積書に対しては徹底的に調査をしているのが現状です。

「波板屋根って?ポリカーボネートって?」では、波板に適した素材をご紹介しています。耐久性に優れた素材が欲しい場合はぜひご確認ください。

内野 友和

この記事は私が書いています。

1979年生まれ。一級建築板金技能士。
父・内野国春の元で建築板金の修行を始め、2014年より代表となり家業を受け継ぐ。

20年以上、約5000件の現場経験で培った技術と知識で、建物の屋根・雨樋・板金・外壁工事を通じ、地域の皆様のお役に立てるように努力しております。

Contactお問い合わせ

0120-945-251

年中無休 24時間受付中